MT4対応のFX口座を比較してご紹介します。

MT4が使えるFX口座比較Compare FX Account

自動売買を始めたい人が悩むのが、証券会社と VPS の選び方でしょう。
しかし、そんなに悩む必要はありません。
順を追って考えていくと、実はそんなに選択肢は無いのです。

国内の証券会社か、海外の証券会社か


国内の証券会社 海外の証券会社
信頼性
サポート × 日本語サポートは微妙
入出金方法 × 特に出金は手間がかかる
レバレッジ × MAX 25 倍 ○ MAX 500 倍
その他 特記事項 日本から手を引きつつある

日本はレバレッジ規制のため、レバレッジが 25 倍までしかかけられません。
日本とアメリカ以外の海外証券会社は、100 倍 〜 500 倍のレバレッジがかけられるため、ギャンブル性の高い売買ができます。
このため、少し前までは海外証券口座が大ブームでした。

しかし、日本にいながら海外の証券会社を利用すればレバレッジ規制対象外というのは、グレーゾーンです。
このため、海外の証券会社は、次々と日本人の新規口座開設の受付を止めています。
FOREX.com UK、AVAFX など、大手有名どころが次々と撤退していきました。

レバレッジ規制は安全のために作られました。
FX を長期的な運用と考え、楽しんでいくには、レバレッジが 25 倍もあれば十分です。

そして何と言っても、国内の証券会社は、いざという時の安心があります。
サポートも親切ですし、入出金もかんたんです。

安全な国内証券会社で運用していきましょう。

メタトレーダー対応の証券会社から、どこを選ぶか


メタトレーダーや自動売買に対応している証券会社は、まだまだ少ないです。
以下、メタトレーダーが使える証券会社の比較表です。

FXトレード
フィナンシャル
AVATRADE フォレックス
ドットコム MT4
維持手数料 無料 無料 無料
信託保全 100 % 100 % 100 %
レバレッジ MAX 25 倍 MAX 25 倍 MAX 25 倍
最小取引
通貨単位
10,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 最低保証金額
約 40,000 円
100,000 円 100,000 円
ドル/円
スプレッド
基本 1 pips 基本 1.2 pips 1 〜 3 pips
その他
特記事項
iPhone 対応
オリジナルEA
キャッシュ
バック
無料VPS
(条件あり)

大手、信託保全、レバレッジ、今はどこの会社もサービスに差が無くなってきました。
それでは、何を基準に選ぶのでしょうか?

それはやはり、「安全」でしょう。

最近、いくつかの証券会社で、ロスカットを設定したにもかかわらず大きくスリップして損失が膨らむ、といいうご報告を頂いています。
私としては、あくまで FX は趣味であり、レバレッジを低くして楽しむものだと思っています。
国内証券会社が良いのはもちろんですが、その中でも信頼できる業者を選びたいものです。

そういう意味では、今の一押しは Forex.com です。
1000 通貨という少額での取引が可能なため、自動売買の検証には最適です。
私もずっと愛用していますが、大きなスリップなど問題が起きたこともありません。

口座開設後の EA 設定の手順


口座開設手続きは、それぞれの証券会社のホームページに詳しく書かれています。
使い方は普通の MT4 と同じですので、以下のページを参考に使用してください。

MetaTrader の使い方 自動売買する方法

以下、日本の証券会社にあわせたカスタマイズの要点のみご説明しておきます。

証券口座によって変わるのは、大きく3つ、時間設定、ロット数、表示桁数の違い、です。


1.時間設定

私の EA は世界標準時間で最適化、配布しています。
日本時間表示の証券会社の場合、時間設定を+9時間修正してください。


2.ロット数

世界の証券会社の中で最も多いパターンは、1ロット=10万通貨、最低取引単位1万通貨、です。
FXTF は、1ロット=1万通貨、最低取引単位1万通貨、です。
よって最小取引単位は1ロットからになります。

私の EA は、間違って高額取引をしないよう、デフォルトではロット数 0.1 か 0.01 に設定してあります。
これで FXTF MT4 を使おうとすると、最小ロット数に達していないので、売買もバックテストも動きません。
ロットを1以上にして動かしてください。


3.表示桁数

これについては、どんな桁数表示でも自動対応するように EA を作ってあります。
表示桁数が多い方場合は、ロスカット値など pips で設定する値に注意が必要です。
例えばドル円の場合、小数点以下3桁まで表示されていても、EA で 50 pips と設定した場合は 0.500 を表します。


1と2の設定については、具体的には以下のような感じです。
EA をチャートに入れた時、バックテストの設定の時、以下のようにパラメータを変更してください。

例えば EA1.北米スキャルピングの場合、デフォルトは以下です。




これを、以下のように変更します。

Lots : 0.1 → 1.0 以上
Buy_Start_Time : 20:00 → 5:00
Buy_End_Time : 5:00 → 14:00
Sell_Start_Time : 20:00 → 5:00
Sell_End_Time : 5:00 → 14:00
Buy_Exit_Time : 19:00 → 4:00
Sell_Exit_Time : 19:00 → 4:00




これで準備完了です。
証券口座に応じて、上記3つのポイントをチェックしてご利用ください。

バナー


日本語 / English



大石流FX自動売買 Web Site

FX の始め方から勝ち方まで
【大石流 FX 必勝法?】

自動売買 EA 無料配布中!
【大石流 FX 自動売買】